忍者ブログ
メソッドタイプに憧れてというブログですね。
家は建ててしまえば、死ぬまでそのまま使用
できるものではありません。



数年前に、高齢になった両親の体の動きが悪くなって、
ちょっとした段差や床の痛みで数回のリフォームを
行いました。



その際に工事してくれた工務店の親方が、家も住む人間の
状態で変化させてやることが大切で、それをしないことは、
家もそこに住む人間にも不幸なことといっていました。



人が生まれて、ハイハイからヨチヨチ歩きに、
それから成人して、老いていく過程のそれぞれで、
求める住環境は変化します。



50代になって、高齢になった両親の状態に合わせた家に
手を加えることは、それまでの家の状態とは、
全く違うものになり、高齢者だけに快適な状態かと思いきや、
中年の私に取っても動きやすい家になっています。



バリアフリーと言いますが、全ての年代の人に
合うものは存在せず、その時々に合わせたリフォームを
継続することが必要です。



手すりや柱の角に保護材をつけること、段差をなくす
処理工事など家のリフォームには、さまざまなものがあり、
こうしたいという要望を聞いてくれる工務店との関係が、
家の健康にもつながります。



PR
 HOME |
忍者ブログ [PR]